自動車について知っておくとお得な情報をまとめています。

車の売る時期、買う時期によって買取金額が変動することがあるのはご存じでしょうか。
一般的に新車でも、中古車でも、入学、就職、引越が多い春前が購入したい人が増える時期なので、買取に適した時期といえます。
車を売る側は少しでも高く、買う側は少しでも安く手に入れたい、と考えますので、必要としている人が多いとその分、買取が成立しやすいからです。

また、季節によって、車種の買取金額が変動します。
春は、就職の為に使うのが多いので、新卒の若い方だと、コンパクトカーやスポーツカーが人気になります。
夏、秋は行楽のシーズンが高まり、家族旅行などで利用するケースが多いので、ワンボックスカーが人気です。
冬は、雪道のドライブでは4WDが欲しいと思う方が増えます。
買取を急ぐ必要がなければ、時期を考えて売ったり、買ったりするのがお得になります。

それから、今後のことを考えて、買う時期のことを考えてみましょう。
だいたいの方が、一生のうちに何台も車を買うと思います。
一台で終わりという方もおられるかもしれませんが、2台、3台と買う方が多いと思います。
そこで年式のことをご説明いたします。

例えば、H23年12月に購入した場合と、H24年1月に購入した場合では年式が1年違ってきますので、査定した場合たった1ヶ月違いでも年式的には1年違うことになるので、12月購入の車は査定金額が低くなります。
急ぎでない場合は、年が明けてから購入したほうが、次回の買取時はお得になります。

コメント

コメントを受け付けておりません。