自動車について知っておくとお得な情報をまとめています。

車を手放す時、少しでも高く買取ってくれる業者に依頼したいものです。
「ディーラー」、「中古車販売店」、「車買取専門店」、それぞれの買取システムについて説明します。

まずは、「ディーラー」の場合、そのお店で新しい車を購入することを前提に、これまで所有していた自分の車を売るのです。
これを下取りといいます。
一般的には買取査定されないような年式の古い車でも、買取ってくれることがあります。
新車の納車まで、下取り車に乗ることができ、生活をする上でも困りません。
しかし、新車の購入値引きと、下取りを同時に行うために、実際の数字上の下取り額が曖昧です。
他の車買取店の査定額より、低い価格となってしまう場合があります。
さらに、そのディーラー系列で取引きされることが多く、中古車市場があまり反映されません。
そのために、低い下取り額になりがちです。

一方「中古車販売店」の場合は、中古車販売を兼ねているため、人気の車は高価買取りになりやすいです。
下取りだけではなく、買取りだけを依頼することもできます。
特定の車種を取扱う専門店では、他の車買取店よりも高値で評価してくれることもあります。
しかし、車の購入と同時に下取りをすると、ディーラーと同様、下取り額が曖昧になります。
また、契約後にすぐに車を引き渡すことになるので、代車が必要となります。

利用者が増えている「車買取専門店」の場合は、車の価値がお金になります。
取引されるのが、全国規模の巨大なオークションのため、より多くの需要があります。
人気の車は高価買取りとなります。
買取ってからオークションで売却されるまでの期間が短く、店頭で在庫を抱えるコストが安く済みます。
その分が買取価格に還元され、価格も高くなるのです。
しかし、古い年式の車は買取りされないことがあります。
また、契約後にすぐに車を引き渡すので、代車が必要となります。

コメント

コメントを受け付けておりません。