自動車について知っておくとお得な情報をまとめています。

ディーラー下取りよりも、なぜ買取業者の方が買取り査定額を高くつけられるのか説明します。

買取りは、乗っている車を今、売ったらいくらになるかがわかるように、中古車の人気や相場の価格をリアルタイムな情報を把握し、オークションで販売する為など、その時に売れる価格がわかるから、高い値段が付けられるのです。
ディラーは、新しい車を購入する時に、今乗っている車を売って、新しい車から値引きしてもらうシステムなので、リアルタイムな価格相場を把握していない事が多く、定期的に更新される、下取り基本価格表で、査定するので値段が低めなのです。
なので、単純に高く売りたい時は買取業者の方が良いという事になります。

しかしディーラーに下取りしてもらうと、新しい車が来るまでの代車や手続きなどが楽という所はディーラーの良い所ではないでしょうか。
絶対に売れる車種なら、買取業者がいいですが、人気のない車や、年式で売れそうにない車は、ディラーで下取りしてもらうのもいいと思います。

10年前は、インターネットでのショッピングは怖かったものですが、今は、お客様から買い取った車をインターネットオークションなどに出して、他の業者に売るシステムだけを行っている会社もあって、本当にインターネットでの価格相場も情報が早いですし、驚くばかりです。
インターネットの普及で都会に住んでいても、田舎でも、リアルな情報が分かる事で、買取業者は、車を高く査定できていたのです。

コメント

コメントを受け付けておりません。